積み重ねて新境地

関係ないことしれっと多め

染まらない美しさと料理は別物

□穂先メンマとレタスを卵と絡める

1人で料理してると、たまに訳のわからないものを作る時がある。今日の一新はそんな話。

 

 

サブタイトルの通り、冷蔵庫にあったメンマとレタスと卵を塩コショウで絡めて焼きました。

 

 

これがまたびっくりするくらいそのままの味で、こんなに周りの食材に染まらないことがあるだろうかと驚く。この料理ならきっと「何かこのバンド、デビューしてから方向性変わったね」なんてことに絶対ならないだろう。なんならデビューできない。

 

 

でも、こう言った料理から美味しいものが生まれる奇跡があるから、挑戦てのは常に忘れちゃいけないんですよね。たとえ奇跡が一度も生まれなくとも。

 

 

後、我が家の塩コショウなんですが、一振りで必ず2人分位の量が出るのを何とかしたい。一振りをチョチョイてやる調節がしんどい、毎回出る量が異なりすぎて困るし、チョチョイがドドンパて感じで出てくるから毎回塩コショウが富士急。家で楽しませようとしてくれなくていいんだ。家は家でゆっくりしたいんだ。

 

 

いっそ料理人みたいに、ビィーてミル挽きで出てくる塩コショウ使いたいけど、そんなもの使ってできるのがデビューできないバンドマンみたいな料理だと思うと悲しくて使えない。せめてインディーズとしてでも人気出ないと無理。

 

 

でも、メンマの主張の強さがわかったことは大きい、多分ほうれん草と絡めてめんつゆで味付けたら美味しい。ただこれもう認知されまくってる料理。

 

 

冒険心がないんだよなぁ。レベル的に多分B'z位認知されてるしウ・ル・ト・ラ・ソウッの最後の部分でル発音しないことも知られてる。私は勝ちたいのだそのウルトラソウッを超えたいのだ!自分の手で育てたい!心はもうアイマスのP状態。

 

 

しかしそんなことより、夕飯にキッシュ作ろうと卵取ってたこと忘れてたんで、帰りに卵買って帰らない事を今思い出した。…仕方ない

 

 

 

 

 

 

 

 

キッシュなんて洒落たもん作るのやめよ。

心意気はあってもやる気はそんなになかった