積み重ねて新境地

流れゆくままに形態を変えていく

チョコレート効果

□チョコと人間関係

一週間あっという間ですね。火曜とか本当にあったのかな。特に仕事に追われてるとかそんなんじゃないんですけど、火曜過ごしたかな?(雑)

 

 

そんな感じで曜日感覚狂ってる私ですが、ここ最近は毎日楽しみがあって、それは

 

 

会社で食べるおやつ!

 

 

これを買うのが楽しみで仕方ないんです。今日は一新もかねてシャルロッテのチョコを買ったんですが

 

ロッテ シャルロッテ ストロベリージュレショコラ 10個セット

これがまたパッケージが可愛いのなんの

 

 

ロッテさんたらOLの気持ちをわかってる♪なんて思い、買ってからふたを開けて思いました。

 

 

個包装じゃないなんて…ロッテさんわかってない…(極端)

 

 

そう、OLは1人でおやつを食べることへの罪悪感がある…多分。個放送の方がひとつ食べます?て具合に対応できるし、好きなあの人にプレゼントなんてこともできる。

 

 

こんなに可愛いパッケージなら、きゃー可愛い、ひとつ食べます?の流れになるのに、実に惜しい。逆に男性がこんなパッケージのチョコを食べてて、可愛いーなんですかそれ?となった時なんて株上昇もいいとこなのに。蓋を開けたらマカダミアナッツ式のものはハードルが高い。

 

 

しかし、昨今の個包装の無駄を考えると環境には優しいので、やっぱりロッテさんは素晴らしいのかもしれない。(急な現実)

 

 

そして何より、味がとてもとても美味しかった。生チョコのとろりとした感じでストロベリーの酸っぱい感じがこれまた至福。

 

 

こういうタイプのチョコて、周りがそんなに美味しくなかったり、ストロベリーが甘すぎて甘々になったりとかあるんですが見事にバランス良くマッチしてました。

 

 

中のストロベリーが口の中からいなくなっても、周りのチョコがいい仕事していて。こんな甘酸っぱさの後に甘さをくれる上司が欲しいなて思いました。そうあとこのパッケージのような…

 

 

見た目が可愛い上司とかね!佐々木希的な!

(男以上に女に飢えてるて話)