積み重ねて新境地

流れゆくままに形態を変えていく

食パンの消費量をあげてる

オノマトペに近い

長年にわたり、パン派、米派と議論がされてきましたが、私は声を大にして言いたい。

 

 

 

おかずによりけり!

 

 

そう、シチューにはパンがいいし、カレーにはライスがいい。コンポタージュにはパンがいいし、海老のビスクには米がいい。

 

 

そんなこと言ったら元も子もないわて話なんですが、私はそれだけ米もパンも愛してるのです。

 

 

日本人に生まれてよかったと思うのは食べものの範囲が広いこと。本当にコップンカー(意味わかってない)

 

 

そんな米とパンの議論はおかずによりけりだと宣った後に言うのもなんですが、私はパンに何もつけずにはむはむするのが好きです。

 

 

しかし、それにはパン屋のパンの耳は、独特な硬さがあり不向きなんです。

 

 

私的に山崎のホテルブレッドが生ではむはむするのには好きなんですが、ふんわり食パンの圧倒的なふんわりも好き。トップバリューなどのPBブランドの安いパンも好き。ちなみに焼くのならフジパンの本仕込がいいです。

 

 

と、ご覧の通り私は生はむはむジプシーなんですが、何故こんなに米派の私を差し置いてパンの話をしてるのかと言うと

 

 

今パン屋の食パンが半額セールをしてるんです。

 

 

それも目の前で、ええ、なうです。

 

 

そう何行か前にパン屋のパンは、生はむはむに不向きだと言ったばかりなんですが、とても美味しそうなんです。

 

 

もう生ではむはむするために焼かれたような見た目。お伝えしたいこのふんわり感を。例えるならそうパンのようなふんわり感(語彙力が露呈)

 

 

今日の一新本当はハーゲンダッツのクリスピーサンドだったんですが、パン屋のパンに変わりそうです。

 

 

…ところで

 

 

生はむはむて伝わってる?

(気にするとこ違うてことはわかってる)