積み重ねて新境地

関係ないことしれっと多め

怖い絵展

□美術館はしご

昔、美術館を三件はしごした過去があります。

 

 

絵がもつ神秘的なところに惹かれ、いつもインスピレーションをえています。

 

 

 

 

 

…なんてこともなく

 

 

 

ただ、とある事情で回るしかなかっただけで、インスピレーションとか全然わかない。なんなら、疲労しかわかない。

 

 

 

絵を見てなにを感じとるかていったら「絵だね」てことなわけで、これがどんくらいのレベルかと言うと、女の子のファッションに興味ない男の子と一緒。露出あるかないかの違いくらいしか解らない。

 

 

ただ、たまになんかいいなて思う瞬間があればいいねとかそんなレベル

 

 

 

しかし、そんな私でも今気になってる絵画展があるんです。それがこれ

 

 

「怖い絵」展 | オフィシャルホームページ 見どころやチケット情報など 2017年 兵庫県立美術館・上野の森美術館にて開催

 

 

意味を知ると怖いのと、見た目からのインパクトとたくさんの怖いが詰まったこの展示。

 

 

 

特に私が惹かれたのがこのタイトル

 

 

 

「そして妖精たちは服を持って逃げた」

 

 

 

なにそれ、とんでもなく怖い。

 

 

服持って逃げられるなんて、お風呂場行って出たら服ないとかてこと?

 

 

絶望だよそんなもん。何もできない率No.1だよ。

 

 

逆に服着てるのに逃げられたんだとしたら、それはもう追い剥ぎ。

 

 

 

と、まあこんなに興味が湧くことあまりなかったので、始まったら見に行きたいと思います。これを見て興味わいた方も是非行きましょうその絵の前で興奮してる私に出会えるかもしれません(ある意味一番怖い)

 

 

 

あ、ちなみに今日の一新はセブンでチーズブッセ買ったことでした。思ったより固くぼろぼろこぼしました。(見事につながりない)