積み重ねて新境地

関係ないことしれっと多め

心に活力が湧く

□人間とは勝手なもので

4月27日今日の一新は、本!

 

ここ最近、前まで本を読まなかった反動なのか、色んなものを吸収したい時期なのか、本を読む機会が増えました。

 

そんな中私が今回選んだ本は、まさかのhowto本です!(2日前を思い出せ)

 

それがこの本

 

 

あらかじめお伝えしますが

 

私は、人間関係に深刻な悩みは抱えてはいません。

 

こういったコミュニケーション本、大体は「相手を変えるのではなく自分が変わろう」とか、「相手のいいところを探そう」「相手を褒めよう」「相手と自分が違う人間だと認めよう」などが多く。

 

大体の内容を、著者や周りの人の経験談に基づき解説していきます。そして、大体どの本も納得できることを書いてます。

 

とはいえ、納得できても苦手な人のために、自分が変わる努力をすることはとても大変です。人によっては苦行に近いかもしれない

 

この本も、実は上にあげたような例を書いています。

 

しかし、この本のいいところは、その著者の経験談の描き方なんです。この人の過去に対して「ふーん」とならずに、かつ鼻持ちなることなく「あ、この人いい人だな」「素敵な言い方するな」と純粋に素敵だなと思えるんです。

 

そうなると、苦手な人との付き合い方を学ぶというより、こんな素敵な人が何を考えてこんな人になったのかを知ることができる本と捉えて読むことができます。

 

つまり、素敵な人に近付こうとしたら、あら不思議苦手な人とも上手くいってた。という夢のような状態が得られるかもしれないんです。最高ですよね。(あくまでも個人見解の憶測です。)

 

この本を読んで、少し心に活力が湧いたので、同じように少し活力が欲しい方は是非一度読んでみてはいかがでしょうか?