積み重ねて新境地

関係ないことしれっと多め

人生スイッチは押すまでか、押した後か

久しぶりに家で映画見るぜひゃっほい!て言う気持ちになったので、恒例のアマゾンプライムにお世話になることにしました。

 

 

とはいえ、散々お世話になっておいて言うのもなんですが、アマゾンプライムの映画て「あーこれ見たいな」て気持ちが50%を行き来する作品多めじゃありませ?

 

 

予告で見た時面白そう…かな?みたいなレベル。多分友達から誘われたら行くけど自主的には行かないそんな感じ。

 

 

そんな気持ちなので、ノリに乗った時しか映画には手を出さないんですが、今回はのっていたので「人生スイッチ」と言う作品と「scoop!」を見てみることに。

 

1つめは人生スイッチ 

人生スイッチ(字幕版)
 

ブラックユーモアな作品で、全6作の短編を通してさまざまな「人生のスイッチ」がみれます。道徳とはなんぞやと逆に振り返れるかも。

 

 

おかえし/おもてなし/エンスト/ヒーローになるために/愚息/HAPPY WEDDINGと6つ作品があるんですが基本はオチがわかるとつまらないものなので今回はざっくりのあらすじを()で感想を下に書きますね。

 

 

おかえし

(飛行機に乗った乗客、気付けば知り合いばかり…)

飛行機に乗っている人達が、気付くと知り合いばかり?という謎展開からまさかの展開まで行くんですが、ラストがとんでもないのにその映像の安さと素晴らしさに思わず笑いがでました。実際起きたら本気で笑えない不謹慎さがあるのに、そんなこと忘れるくらい最後のカットの構図とか安さとか合成感が好きでした。

 

 

おもてなし

(働く飲食店に、過去の遺恨がある高利貸しがやってきた…どうするウエイトレス)

過去に高利貸しとして家取られるわ、母親を誘惑して寝取ろうとしてきた男がお店にやってきて戸惑うウエイトレスの話なんですが、思わずババァ〜と叫んびたくなるほど女シェフがいい味出してる作品でした。この気持ちは、決して罵りや口が悪いのではなく、ワンピースのサンジがクソコックとかクソじじいて言うところに通じていて、敬愛の念がこもってます。まさに内容もクソお世話になりました。1つ言うなら息子が主人公に同じ気持ち抱いた時こんなシェフが身近にいないことを祈る。

 

 

エンスト

(田舎の車を追い抜きざまに罵ったら、パンクして相手激おこで近付いてきた…)

ヤンキーvsリーマンの車?合戦なんですが、どっちもどっちてこんなしっくりくることはないし、そこまでにしてとこんなに願ったことない位のやけくそですというか焼けくそ。しかしまあYouTubeのコメントとか見てると、たまにこんな白熱してるコメントバトルあるから実写化したらこんなかもしれません。教訓は、昨日の敵はホモになりうる。

 

 

ヒーローになるために

(駐車OKなところなのに違反駐車切られたから言い返したら、仕事と家族失った話)

解体工事で働く主人公が、娘のためにケーキを買ってる間に違反駐車を切られレッカーにあうて話なんですが、これをみた瞬間浮かんだのは、日本の黄色で渡ったら捕まった車と、その後ろを赤信号で通る車の歯がゆさでした。私的には1番話の中でスッキリする終わりでしたが、違反切符きられるわ窓ガラス飛んでくるわの女性が一番の被害者かもしれないとふと思ってしまいました。次はこの人がワンダーウーマンになったら良いと思う。

 

 

愚息

(轢き逃げしちゃった息子をみんなで隠蔽したら、みんながお金徴収してきたの巻)

いきなり息子が泣いて起こすから何かと思ったら、ひき逃げしてきちゃったというとんでも展開。両親が隠蔽のため周りにお金を使ってお願いする話なんですが、意味は理解できますが何がしたいの?という謎。というか最後まで愚息の空気感がすごい。内容は船越さんが犯人崖に追いつめる前に犯人自首したくらいのどうしようさだし、これなら愚息より松居一代の方が100倍はインパクト強かった。1つ言える事は、隠蔽ダメ絶対。

 

 

HAPPY WEDDING

(結婚式に浮気相手を呼んだ男と、そのことに結婚式で気づいた女の大惨事)

まず言える事は、結婚式に浮気相手を呼ぶのはやめましょうということ。これさえなければこの後の大惨事はなかった…。きっと、この披露宴に呼ばれた人たちはこの日何してたの?と聞かれて結婚披露宴とは答えないと思いした。私なら「世界一のプロレスみてた」て言う。そしてふと、世の中の浮気した男女の結末が悲惨な中で、両者と良好な関係を築き続ける石田純一は恐らくこのカップルと同じくらい、いやそれ以上に凄い存在なのかもしれないと思いました。

 

 

とまあこんなざっくり感想でした。

コレをふまえて、なるほどこれの意味はここかて思ってくれるもありがたいですし、どここれ?と私に疑問を抱いて見るのも面白く見れる…かもしれません。(あくまで、かも。)それと、この映画は友人や誰かと一緒に「おいおい」てみるのが1番いいと思います。恋人ともラストがラストですが冷や汗握りながらみるのもおすすめです。(身に覚えがあるひと限定)

 

 

そして、長くなりますがもう1つ作品紹介しますね、それがこちら

 

SCOOP!

SCOOP!

 

 

scoop!は、新人記者の二階堂ふみと、凄腕パパラッチ落ち写真家の福山雅治がパパラッチしながら距離を縮めていく…しかしラストはまさかの!?というそんなお話でした。

 

 

感想は下ネタで申し訳ないんですが、福山雅治てやっぱ伊達に女抱いてないのかもとうっかり思うくらい、たった数分のエロシーンが印象的でした「あ、上手い人だこの人」とあの数分で思ったから、下手にAVみるより学べるかもしれない。

 

 

ちなみに、話の内容は嫌いじゃないけど、似たような話ならナイトクローラーの方が好き…そんな感じでした。決して人生スイッチ書くのに疲れて、端折ったとかそんなんじゃないんだから、ね!

 

 

というわけで、今回は映画2つご紹介しました。この映画に対して私と同じ50%の気持ちだった人が、51%の気持ちに変化することを祈ってます(さして変わらん)

読む派?読まない派?

ここ最近ドタバタしてましたが、気づけば年末の一歩手前ですね。

 

 

歳をとると一年があっという間だよなんて言いますが、本当にあっという間ですね。なんならあっていう前にあが来ちゃった感。追い越していきましたね私の意思を。

 

 

と、まあ、そんな「あっ」のフライングはどうでもよくて。今日は質問がてら一新に触れようと思うんですが。

 

 

皆さんは、トイレに本を持ち込むひとですか?(至極どうでも良かった)

 

 

私は気まぐれに読む派で、トイレに本持ち込むとか不衛生だよ、マジないわ、本当無理、て方は申し訳ないんですが、今回こいつ無理だわて気持ちで読みすすめて下さいね(それでも読むことをすすめる意味)

 

 

さて、そんなトイレ本なのですが、トイレで読む本の選び方てとても重要なんです!

 

 

まず、最新刊はダメです。何故なら、続きが気になりトイレから出られなくなるからです。次に雑誌、これもでかすぎてだめ。新聞の類もしかりです。

 

 

そうなると、一度見た小説か漫画に限定される訳ですが、小説はやはり結末までが長すぎるので却下となりがち。結局残るのは続きがそこまで気にならず己の意思で読むのをやめれるものになるわけです。

 

 

つまりトイレ本になるには、4コマ漫画とか、連載長めの本で、既読済みでありつつも半分は記憶から忘れかけつつ何度見ても楽しく読めるものがいい訳です。

 

 

だからなのか、たまに人の家に行くとクッキングパパとか、美味しんぼとか、コナンとか置かれてませんか?あれも多分同じ心理。(雑な考察)たまに可愛い子の実家にゴルゴとか置かれてると、この子…できるてなりますよね。(ならない)

 

 

 

と、そんなベストオブトイレ本を探し続けてやまない私が今回、これは素晴らしい!と拍手を送りたくなる本を見つけたんです。

 

 

それがこちら

 

5分で読める! ひと駅ストーリー 降車編 (宝島社文庫)

「5分で読めるひと駅ストーリー」

 

 

もうみたままです。タイトルの通り5分で読める小説集。これが本当にすごくて1駅区間というより1トイレにもってこい。話の長さがとても丁度良いので、お尻を痔の一歩手前からも救ってくれます。

 

 

しかも書いてる人が○○受賞作家などが多いので、基本おもしろい。中にはすごく心にくる話や、そんなオチ?!なんてものもあり、恋愛、推理、訳のわからないものとジャンルも様々なので飽きもない。

 

 

一冊自体に話数が多いうえシリーズ化されてるので何冊か全て集めれば、あれ、この結末なんだっけ?となり何度でも本を読めます。

 

 

もうこんなに素晴らしい本はないなと久々に感動しました。いつかこんな風なジャンルで、トイレで読む推奨本なんてのができたらいいのにな…なんて。

 

 

というわけで、今日の一新の紹介はこれで終わりです。「トイレで本とか本当無理」て方、ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

 

 

では、最後に一言

 

 

 

 

 

 

これらの本に関わる全ての方へ深くお詫び申し上げます。(謝罪しか言葉がない)

じゃがいもとマヨネーズの美味しさ

□胃にくるもの

夕飯を作っていて、後何か足りないな何かジャンキーなものが欲しいなとなったので、山本ゆりさんのじゃがいものサクサクマヨネーズ焼きを作って見ました。

 

 

じゃがいもとマヨネーズの組み合わせてもう間違い無いよね。さらにパン粉まぶして焼くので美味しく無いわけがない。

 

 

しかし作った相手は、マヨネーズのパリパリ焼きをサラダと勘違いしたのか、ポン酢かけて食べてました。

 

 

 

いや、それ味ついてるけど。

 

 

なんてことは言いません。だって、なんだかとても美味しそうに食べていたんで。世の中には言わなくていいこともあるんだと思い、そのまま私も笑顔で食べました。しいていうなら

 

 

山本ゆりさんすみません。てこと。

 

□新宿のネオンとイルミネーション

皆さんは今年初のイルミネーション、誰とどこに見に行く予定ですか?

 

 

私は先日、ワイングラスの形をした新宿のイルミネーションをみました。

 

 

わ、わあー、イルミネーションよりもホスト店の看板の方が綺麗だし眩しいよー。

 

 

ということで

 

 

私の初イルミは、ホストと新宿でした。(色々違う)

海外ドラマあるある

□主要キャストがいなくなる

海外ドラマを見ている人ならば必ず直面する問題があります。それは、主要キャストがドラマの途中であっさりいなくなること。

 

 

海外ドラマは人気がでると1シーズン20話くらいのものが、シーズン8とかまで続くので年齢的なものなどを含めキャスト変更は仕方ないのかもしれません。けれどその裏は大体、結婚妊娠か契約揉めなので迂闊に調べてはいけない。

 

 

その為、私は新しい海外ドラマを見るとき必ずシーズンがいくつまで続いているのか確認し(打ち切りパターンもあるので)全てのシーズンのパッケージにうつる主要キャストに変更がないか見ます。

 

 

何故、こんなにも主要キャストにこだわるのか、それは私が好きな海外ドラマNCISという作品で、主要ヒロイン枠の方がシーズン1で殉死したことが衝撃だったからです。

 

 

もうえええ!!ですよ、すっごい長く続くシーズンだったのに、このメンバーいいなと思ったらまさかのシーズン1でいなくなる。話が面白いとなおさら辛いのはその後の虚無感。少しの間次のシーズンのキャラに馴染めなくて見るのを止めてしまいました。

 

 

その為、事前に変更を知ればそんな悲しみにも少しは耐性がつくと思い、主要キャストを確認するようになったというわけなんです。(そう考えると、FRIENDSてすごいよねずっとあのメンバーだもんね、そりゃ仲間内恋愛も複雑になるわ。)

 

 

余談ですが、私の中でキャスト変更衝撃はNCISが一番でしたが、二番目にはBONESの助手がピーになる回がランクインしています。あの時は、あの時で「シーズン3まできてそれはダメだろぉお」と声に出しました。おかげさまで友人から、その後出演するよと聞いてもなおシーズン4が見れないでいます(そろそろ雪解けしたい)

 

 

そんな訳で、不安解消の確認する癖をつけたはいいんですが、なんというかシーズン長くなると皆さん年齢を重ねるので、初見だとキャスト変更してるのか年取ってるだけなのか、パッケージだとよくわからないて時があるんですよね。まさかの無駄なパッケージ確認です。

 

 

かといってパソコンでキャストを調べると、スペース押した時にネタバレみたいなワードが出るので、たまにグーグルさんの予測変換を恨めしく思う時があったりもして…。

 

 

というわけで何が言いたいかというと、一新としてHAWAIFIVE-0というドラマを見始めましたよて話です。

 

 

 

勿論出てるパッケージも全て確認して、主要キャストも変更がないものでした。やったー!

 

 

 

 

と思ったのもつかの間

 

 

 

まだ未制作のシーズン8で主要キャストの2名が降板されてました。タイミング悪っ

 

 

 

でもさほどショックは受けてません、なぜなら

 

 

 

 

海外ドラマあるあるのもう1つにシーズン5以上は飽きて見るのやめがちというのがあるんd(長く見れば見るほどスキップしがち)

 

記憶力の問題

SNS女子と記憶力

友人にTwitterInstagramをしていないというと「お願いだから生存確認のためにSNSして」と懇願されました。

 

 

でもしません。どうも、いちこです。

 

 

私は物忘れが激しく、ブログで書いたことと、誰かに話したことをよく混合して話をしてしまいます。なので平然と友人に「ベイマックスの続きなんだけどさー」と話して不審がられるし、もっと言えば「ブログにベイマックス見たこと書くか!」と間違う以前に存在そのものを忘れることが多々あります。

 

 

なので、仮に私がTwitterをはじめたとしたら、同じネタを何度もこするbotみたいになる予感しかしませんでした。恐ろしいですね。

 

 

だからTwitterをやらないて訳でもないんですけどね、あれです。ノリです。

 

 

 

そして、この記憶力のなさの問題がもう一つ違うところで出ていて、それが会員IDとパスワードのほぼ全てを携帯しか覚えてないということです

 

 

いつ頃からでしょうか「このIDを記憶し、次回から…」という言葉にお世話になりっぱなしになったのは。この機能がいきなりパーンとはじけてなくなったら、多分私の人生もパーンとはじけ飛びます。

 

 

これはもう、君がいないと紅茶のありかがわからないという、もう恋なんてしないなんて言わない状態なんです。なんてややこしい

 

 

そう思い毎度パスワード書かなきゃと思うのですが、記憶力がない私はそのことさえ忘れてしまいます。もう恋なんてしないなんて言わないよつったって、絶対また言いますからね。

 

 

結局そんなもんなのかもしれません人間て。

 

 

と、ここまでブログを書いてきましたが、今なんの話をしていたのかずれてる感覚しかありません。それと、今までどんな感じで書いていたか忘れてしまったので不安しかありません。

 

 

なので、そろそろ一新を書いて終わりたいと思います。

 

 

最近、綾瀬はるか主演の「奥様は、取扱い注意」をみはじめました。綺麗な人が戦闘してる姿て良いよね。

 

 

そんなドラマの4話の感想は、私も広末涼子に壁ドンしてあのニヒルな笑み間近でみたい。でした。

ベイマックス

□一周回ってベイマックス

久しぶりに映画を見ようと思い、なんとなくTSUTAYAへ行ったんですがいつもと違うものが見たいと思い何となくベイマックスを借りました。

 

ベイマックス (吹替版)

 

昔に比べ、ジブリもディズニーも見なくなっていくのは何でですかね。あまりにも綺麗過ぎるからですかね。

 

 

ところで、私も一応女性なので、可愛いというものに敏感なんですね。ベイマックスはやはりそのツボをついてくる。

 

 

大きいおぼつかない言語のもちもちしたものが動く、これだけで可愛い。例えば、大きなクマが小さな自転車を漕いでいる木下サーカスを見た時に感じるようなそんな可愛さ。

 

 

ざらしとかペンギンとかのど直球よりも、こういう少し変化球の王道に弱い(ややこしい)

 

 

ちなみに話の内容ですが、ロボットを作る能力に長けた兄弟の弟が、なんやかんやあった人のためになんやかんや戦うて話です。(どれもネタバレに繋がりそうで言えない)

 

 

見た感じ全体的に3区間位に分けることができて、この区間だけで一本映画作れそうてくらいの内容で話がすすみます。ちなみに前半15分くらいの話の速さは富樫なら五年は引っ張れるレベル。

 

 

主人公大学入学編

主人公仲間と戦闘編

主人公最後の戦い編

 

 

と大体こんな感じでざっくりわけれる。勿論この話の中で全部必要な要素だし、話に繋がりがあるんですがベイマックスていうFFみたいなゲームを見てるてくらいステージわけがあって、主要場所の変化が一定期間的に変化していくせいかゲームぽかった。

 

 

もっとベイマックスとの日常だと思って見たのでいい意味で裏切られ、最後まで見やすかったです。こりゃ高評価もつける。

 

 

その上、ちゃんとうるっとさせる感動要素もあり、あまりにも王道だ!と思いつつもだがそれがいいなんて感じるそんな映画でした。

 

 

 

まだ見てない方はどうぞ。

 

 

 

余談ですが、ベイマックスとは兄が作ったヘルスケアロボットでして健康を管理してくれるんですね。そして、そのベイマックスの起動終了の合図が「ベイマックスもう大丈夫だよ」と言えば起動終了になるんです。

 

 

 

ところで私のお腹のベイマックスに「もう大丈夫だよ。」といっても中々起動終了してくれないんですけど、お兄ちゃんこれバグじゃな(少し脂肪を落としましょう)

 

気づけば半年

□思ったよりも短い?

何の気なしにパッとメールを開いたら、このブログが半年経ってると知らせがきてました。

 

 

 

というわけでおめでとう半年記念🎉😄

 

 

無駄に絵文字入れてみました。しかしよくみたら、日付は全然今日じゃなかったんですけどね。

 

 

メールて仕事携帯以外開かないよね。

 

 

 

そんなことはどうでもよくて(一刀両断)最近アプリをダウンロードしました。

 

 

基本何にもゲームアプリ入れない人なんですが、年に一回だけ無性にハマるアプリに出会うんです私。そしてだいたい一ヶ月突入する前に飽きる。

 

 

そんな私が最近気に入ってるアプリ、それは

 

 

 

「お相撲さん拾った」

f:id:moggd:20171019183934p:image

 

 

久々にハマるゲームアプリがこれ、ゲームていうよりも究極の暇つぶし。最初の頃はお相撲さん可愛いてのと、レベルが上がるごとに挟まれるストーリーが意外と面白くてみてたんですが、だんだん金の亡者になる。

 

 

もっと金のなる料理を。もっとお金集めてお金の集まるおもちゃを。

 

 

貪欲に音ゲーのように画面タッチを繰り返す私はもはや電車でよく見る。わぁなんかしてるよていうゲーマー。

 

 

でも、なんやかんや楽しいです。気が向いた時にぽちぽちしてます。皆さんも3分くらいの暇つぶしが欲しい時はぜひ。

 

 

余談ですが昨年ハマったゲームアプリは本格カーレース、一昨年はゾンビシューティングゲームでした。(落差がすごい)