積み重ねて新境地

関係ないことしれっと多め

ログインパス忘れるくらい放置

□毎日の大事さ

意識して何かを変えることはとても大切だということと、継続は力なりという言葉ほど重みのある言葉はないなと思うこの頃どうもいちこです。

 

 

毎日一新をしていたあの頃の私は一体何だったのか…という位、ブログの更新頻度が下がっていますね。

 

 

実は、少し忙しくなった中でも投稿しようかなと記事を書いてはいたのですが、消し書いては消しとよくわからないことをしていました。

 

 

その理由は、毎日一新の時は「よもぎ餅食べた!」くらいの軽さで書いていた気持ちが今とてつもなく重くなってしまったことにありました。以前は書けた「よもぎ餅美味しい!」なんて感想の軽さが、今や、伝説の勇者しか抜けない剣を勇者が抜く前に並んでる無駄にマッチョな奴が散々煽ってから実際に剣を触って力を入れた時の剣の重さ位重くて出来ない(長いよ)

 

 

だってさ、久々にあげる投稿が「よもぎ餅食べた、うまい」で終わっていいのかて思わない?いいはずがない!!という真面目心理が働いたら中々投稿できなくて。

 

 

だからそう今回は!!

 

 

あえて「よもぎ餅美味しかった♪」を載せることでハードルを低くしとこうと思う。

 

 

て、ことで今日の一新

 

 

 

一ヶ月ぶりに投稿する日記が三歳児の感想レベルだけど気にせず投稿してみた!でした。

(次の投稿、カレー美味しかったかもしれない)

 

 

 

 

職業病というか、問題

□挨拶は大事だけどね

職業柄、人の数や入れ替わりが多い場所で働いているせいか、仕事場で知らない人の顔を見るのが日常茶飯事いちこです。

 

 

「あの子誰?新入り?」なんてお局感出そうもんなら毎日言わないといけなくなります。むしろ新入りしかいないんじゃねーのてレベル。

 

 

そのせいか、仕事場で誰かとすれ違う時に「おつかれさまです」を言い続ける日々、朝イチの出勤したばかりの誰も疲れてない時だって「おつれさまです」だし、しまいにはトイレから出てきたタイミングで「おつかれさまです」な訳で。

 

 

催した人に「おつかれさま」状態

 

 

この前、トイレの個室のドアから出た瞬間洗面所の鏡ごしに「おつかれさまです」て言われて、しかもちょっと長めに入ってたし案の定知らない人だしで居た堪れなかったよね。

 

 

そして何が問題て、この異常空間に慣れていたせいで、この前駅のトイレから出た瞬間のすれ違った人に「おつかれさまです」って言っちゃったよね。

 

 

そこに関しては、本気で「催しお疲れ」にしかならんから焦ったよね。

 

 

よく、「いらっしゃいませ」とか言い慣れて、違う店の店員のやまびこに答えちゃうとか、バックヤードなのに言っちゃうとかあるけど、あれは第三者も被害なく可愛らしいなふふで終わるじゃない?

 

なのにこれに関しては、全く知らない人にトイレから出た瞬間「おつかれさまです」て言われる訳でさ、しかも私に至っては人見知りというATフィールド張ってる状態だから全力の笑顔なのね、全力の人見知り笑顔。

 

 

考えても見て

 

 

トイレの個室出た瞬間に、知らない人から笑顔で「おつかれさまです」て言われるんだぜ

 

 

 

恐怖しかないよね

(たまにトイレの行列とかで言いそうになるから本気で怖い)

乙女ゲームから学ぶ好きなタイプ

□好きなタイプは10代から変わらない

届いた乙女ゲームをちまちましながら、日々楽しんでますいちこです。

 

 

初めはキャラクターの愛の囁きに変に笑いが出てしまいましたが、だんだん素直に胸キュンしては足をばたつかせています。

 

 

ただ、ある程度キャラクターを攻略し終わって思うことが。

 

 

 

生意気な僕っ子との相性が悪い

 

 

 

見事に小生意気な僕っ子キャラクターに振り回され頭を抱えました。今回、攻略サイト一切なしでゲームをしようと決めた為、いつも以上に慎重に選択肢を選んだんですが、僕っ子ルートは見事に選択肢をミスっては蔑み祭りでした。許さんツンデレ!しかも僕っ子に至っては正解ルート選んでも罵られるから顔が赤い赤くないかの違いだから

 

 

私のM要素は女限定なんだぞ!(それもそれで)

 

 

どうでもいいけどリアル世界で美形に触るなとかいれたら立ち直れないよね、こう言う乙女ゲームのヒロインてメンタル鋼だよなていつも思う。

 

 

まあ乙女ゲームなので、皆さん俺様が好き!腹黒が好き!天然が好き!年上寛容キャラが好き!とか色々あるかと思いますが

 

 

私は断トツで「………」で会話するタイプが好きです。草花愛でちゃうタイプでありながら恋愛ルートに入ると大胆な感じが癒しです。ゲーム機の前で「ぐぁわぁいいっ///」てじたばたして気持ち悪くなります。

 

 

まあそれ以上に、大体の乙女ゲームは攻略相手に合わせてヒロインも少し性格が変わるのですが、「……」キャラの時はヒロイン自体も性格が穏やかで可愛いので癒しを2人見てる気分になって好きと言うところもあります。

 

 

 

しかし、「………」で会話するタイプが好きって、声優さんの声とか表情の変化とかが極端に乏しいわけで…気付いたけど

 

 

 

乙女ゲームの醍醐味…ほぼないよね。

(っ、の効果音だけを聞いてくスタイル)

あなたには○○が似合う。

□いいねされたらわかるのか?

仕事後、息抜きに服屋を回っていたら、店員さんからパーソナルカラーの話をされました。

 

 

皆さんはパーソナルカラーてご存知ですか?結構女性間では有名らしいのですが、私は存在こそしれど自分が何に当てはまるのかわからなかったものなのですが。

 

 

パーソナルカラーはおおまかに春夏秋冬と4つに分かれていて、その中にあてはまる色がその人にお似合いな色ですよていう洋服などを選ぶ時などに参考にしやすいものです。

 

 

診断方法は、肌が黄色なのか白なのか、頬がピンクかオレンジか、目が茶色なのか黒なのか等の診断を聞かれそこから判断するのですが

 

 

質問内容が「ゴールドとシルバーだったらどちらが似合う?」とか、「頬の色は青みがかったピンクまたはピーチピンクのような色」とか。

 

 

自己判断じゃ全くよくわからないやつばかり

 

 

実際、この色をつけると顔がくすむとかメイク中思わないし、この色苦手とかはないことはないけどメイクや髪色によってはどの色も馴染む。強いて言うなら、私は青みがかったピンクが顔と合わないのかも?と思った位。

 

 

判断基準に悩む人は人からこの色いいね!似合ってるね!て言われるもので選ぶといいと書いてあったけど

 

 

そんな普段褒められない問題

 

 

なんかいい雰囲気だねみたいなざっくりなのか、いつもいいねていう参考になんない奴ならあるけどピンポイントで褒められないよね。その色似合うね!とか特に。

 

 

だからか、自分がこれかも?て思ってるところに答えを寄せてきがちになってしまう。パーソナルカラーの判断基準の仕方をなんとなく知ってると、この色かな?て方に持って行きがちになってしまう。

 

 

私は青みピンク似合わないのかも?と思ってしまっているので、特にオレンジ寄りの春か秋かな?と考えてしまって判断に揺らぎがでてしまう。

 

 

いっそ、この際お店で本格診断しようか!と思いネットでカラー診断のあるお店を調べて見たら、パーソナルカラー診断料1万円て書いてあった。1万…カラー診断1万…

 

 

ええっと……

 

 

 

パ、パーソナルカラー?な、なにそれ知らないなぁ

(これだけ書いといて存在ごと消してくスタイル)

 

質問、感想等あればお気軽にどうぞ!

 

本性明かします。

※オタク、腐女子が嫌いな方閲覧注意

 

 

 

 

 

 

 

 

□現実逃避の弊害

フラストレーションが溜まったので、何かできることがないかなと思い乙女ゲームを買うことにしました。(唐突に爆弾)

 

 

もうね、乙女ゲームを25歳女がする恐ろしさよ。…最高だよねっ!

 

 

今更ですが私それなりのオタクです。こういうものはさらっと言うのがいいと思うのでさらっと言いますがBLGLも特に抵抗なくいける口。

 

 

ただ、基本は漫画とかアニメとして見るのが楽しいていうのが前提なので、キャラはいいけど話がなぁてなると見るのやめちゃいます。二次創作とかも読みますが世界観好きな穏便派なので、世界観否定が強いとなんだなかなぁてなります。

 

 

そしてコンプ魂が著しくないので「グッズ?使えんやつはいらないかな」と言う、お前まじで愛ある?てタイプです。本当にファッションオタクとか言われるとぐうの音です。ただ、オタクをファッションする意味ですけど(急に毒)

 

 

なのでぬるいオタクだと自覚がある分、オタクだと言ってもいいのか迷いこのブログでもずっと言いませんでした。オタク?ヲタク?みたいかゆるっとさなので「おいお前!浅い知識で調子乗るなよ!」とか言われるのが怖くてずっと黙ってました。基本根は小心者なんです…すみません。

 

 

しかも最近は、普通に恋愛して友達とディズニー行ったりパンケーキ食べるのを楽しむ人間になりつつあったんです。もうこれオタクから足を洗ったわ!と思ったあの日から4年。今急に思うのです。

 

 

 

あーヤベェ乙女ゲームしてぇわ!と

 

 

 

なんならBLでもいい、キャラ×キャラを見たい見たくてたまらない!何より今はあの頃の悶絶して足をバタバタさせちゃうあの感じが欲しい!そう多分欲求不満!(違う)

 

 

 

思い出すは、あの頃のほとばしる熱さ!本屋にスキップで向かう気持ち!ゲームを片手に変な笑い声を出すあの日々!

 

 

そんなことを思いはじめ気付いたら乙女ゲームAmazonでポチってました。怖いね親指で買い物できる時代て。

 

 

ただ、本当に衝動的にこれだわ!て直感で選んで買った乙女ゲームだったので、公式HPの動画を後で冷静に見てたらハッと気付きました。

 

 

 

 

乙ゲーキャラの名前上司と同姓同名だった

(一気に現実に引き戻されたよ…選びにくいわぁ)

お肉屋のコロッケ

□それはどうなの

お肉屋のコロッケて美味しいですよね。あれは商店街の中にあればあるほど美味しく感じます。

 

 

八百屋とかの隣に横一列で並んでるお肉屋も好きですが、たまにどうしてお前そこに?みたいな三角コーナーの形で道の曲がり角に建っているお肉屋さんが好きです。

 

 

私の経験上、三角コーナーにあるお肉屋さんのコロッケは大概うまいです。まあ、あくまでも経験上なので異論は認めます。

 

 

そして肝心のコロッケの味ですが、わたしはソースなどを何もつけず、ほんのり温かいくらいのを食べるのが大好きなんですね。そして、甘みが強めのタイプのものよりは塩気が強いタイプのコロッケが特に好きです。

 

 

わりとどこのコロッケも甘みが強いものが多いので、たまに塩気の強いコロッケにあたるとよっしゃあ!となります。…伝わるこれ?(多分無理)

 

 

まあ今日なんでここまでお肉屋のコロッケの話をしているのかというと、実は今日一新として普段行かない場所にあるお肉屋のコロッケを買ったんです。

 

 

そこのお店、コロッケ65円、コロッケ80円と書いてある紙が貼り出されてて、この時点で「おいどっちもコロッケだぞ」と思ったんですが、まあお肉の種類の違いかなと適当にどっちも買ったんです。

 

 

そしたら片方は野菜コロッケで、片方は合挽き肉のコロッケだったらしく、なるほどだからこの値段の違いかと納得して家に帰ってからどちらも美味しく食べたんですが

 

 

…うん…いや、どっちも美味しかったんだけどさ…えっと…

 

 

 

 

野菜コロッケの方が美味しかったんだよね。

(お肉屋のコロッケで野菜コロッケのが美味しいとちょっと複雑な気分になるね。)

 

顔が見たいドラマ

□そんな顔されたら

世の中には、おしゃれな顔だなと思う人ていませんか?私の中ではずっと長谷川潤さんが理想として立ち続けてますあんな顔になりたかったと常々思う。

 

 

佐々木希さんも北川景子さんも石原さとみさんも一条あやみさんもみんな可愛くて綺麗で好きだけど、ずっと変わらず長谷川潤さんの顔に憧れてます。

 

 

と、一見これから長谷川潤さんの魅力を語り出すのかと思いきや予想を裏切り玉城ティナさんの話をします。

 

 

つい最近「わたしに××しなさい!」というドラマを見ました。原作は、女子の胸キュン集めましたみたいな少女漫画でして、今回のドラマは映画化に向けた序章的作品です。

 

 

ストーリーは、恋愛を知らない小説家の主人公が、恋愛描写を描くため乙女ゲームをしてるという設定なんですが

 

 

まあ、玉城ティナの顔がいい

 

 

声と表情と顔のバランスがね美味しい店のホイップクリームとパンケーキとシロップの割合位最高。…うん、ちょっと何言ってるかわからないね。

 

 

 

だから用意したよ写真   

 

f:id:moggd:20180418221705j:imagef:id:moggd:20180418221709j:image

f:id:moggd:20180418225747j:image

(C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

 

 

 

ドラマの内容が内容なせいか画像のうち2枚が壁ドン。顔のサイズエグすぎる等言いたいことはあるだろうが、私はここであえて声を大にして言いたい。

 

 

 

 

壁ドンされてるのにこの目つき最高じゃない?(Mモード発揮)

 

 

ドラマ見始めてから、肌綺麗すぎかよ、顔小さいわ、おしゃれな顔だーて流し見してたんですが、この目つきを見た瞬間心を打たれました。

 

 

一話で上半身半裸の男とロッカールームに入るという、いきなりわけわからん展開が起きまして、この段階ではまだ私もキャァー///とイケメン役の男性を見て胸キュンありがとう!ていう感じだったのですが、その後の玉城ティナの目つきを見てぎゃあああ!となりました。

 

 

ありがとう玉城ティナ。ありがとうM。

 

 

私は普段ティーンズラブみたいな映画はちょっと…て人なんですが。玉城ティナのあの攻めてる目つきがまた見れるなら行くのもアリだと少し思いました。まあ自分で言うのもなんだけど

 

 

 

恐るべきM心だよね

森川葵さん以来の衝撃でした。)

 

 

共感しなかったらドラマを見てね☆